酉/2005

2005年新年用とりの衣装

撮影: 和歌山熊野市鬼ケ城

 酉は鳥、鶏である。鶏の一番の特徴はなんといっても時を告げることである。 「常世長鳴鳥(とこよのながなきどり)」、岩屋に隠ったアマテラス神が再び姿を現したときに喜びの第一声を告げた、鶏族の輝かしいご先祖様である。 因に一番鶏とは丑の刻(2:00am)、二番鳥は寅の刻(4:00am)である。朝起きるタイマー代わりにするには少々早すぎないか。。。?

 なににせよ、明治時代に時計が普及するまでは鶏は告時の番人であった。時計の語源も時鶏(とけい)からきているとかきていないとか。。。 時を司ることで、鶏はまた太陽の象徴でもある。おなじく太陽の象徴として熊野神社の八咫烏がいる。熊野湾にから大和まで神武天皇を先導したという三本足の烏である。現代ではJリーグのシンボルマークとしての印象の方が強いかもしれない。 おなじく神話に登場する鳥に金色の鳶がいる。神武天皇がナガスネヒコを討伐する時に弓の先にとまり、戦勝へ導いた鳥であるが、金色というところから太陽を象徴することに関わりがありそうである。 飛行機が発明されるまで、青空を自由に飛ぶことは鳥の専売であり、人々のあこがれであった。空を舞うことで太陽に近い存在とされ、象徴化されたのも納得のできるところである。太陽は永久不滅の象徴である。そこから永遠の命をもつ火の鳥=鳳凰が作られた。四神の朱雀はこの鳳凰の系統である。

そのようなイメージなどなど。。。が今年の作品となった。撮影場所は熊野灘に面するリアス式海岸、荒波によって海蝕された洞窟で行った。その昔海賊がたむろしていたという洞窟は不死鳥(フェニックス)にふさわしいと思えたからである。