亥/2007

    
2007年新年用いのししの衣装

撮影:  滋賀県高島市

「猪突猛進」「猪武者」から推測されるように、猪は勇猛の象徴であり、伊吹山においては山の神であった。「もののけ姫」でも猪は山の神として登場している。また猪は多産なことから豊穣の象徴でもある。背中に白い筋の入った猪のこどもたちの姿は、瓜ににていることから うりぼうと呼ばれる。小学校の時に読んだ松谷みよ子著「龍の子太郎」にうりぼうが出ていた場面が印象に残っている。それ以来、猪といえば「うりぼう」なのだ。前にも書いたが、小学校時代の記憶は一生影響する。 猪は里山に近く生息し、時には田畑を荒らすこともあるが、人に害なす蛇を食べるという一面も持つ。十二支表で亥と巳が対角線上にいるのは偶然ではないかもしれない。