丑/2009

2009年新年用うしの衣装

撮影:富士山麓 風穴 

干支シリーズの衣装は「牛頭天王」がテーマである。「牛頭天王」はインドの祇園精舎 の守護神で、牛頭人身の姿をしている。日本へ渡ってきてからはスサノオと習合し、疫 病の神などとして祀られる。また、牛頭人身の地獄の獄卒を牛頭鬼といい、馬頭人身の 馬頭鬼(めずき)と共に生前に悪行を行った人々を責め苛む。牛も馬も共に人の生活、 特に生きるための労働を共にする家畜として最も身近な動物であるだけに、生前から死 後に至るまで、天王として、獄卒としてかかわってくるとは、なんと深いご縁であろう か。「牛頭天王の神秘な霊を地獄の雰囲気で」撮るために、撮影場所にはずいぶんこだ わった。今年は干支シリーズの最終年である。大台ケ原、那須高原とさまよったあげく 、結局「日本一の山」富士山麓の風穴で行った。富士山の爆発で出来た溶岩隧道はまる で巨大な人骨の墓場にはいったようで、天井の溶岩鍾乳石からは地下水がしたたる。ま さに地獄を彷彿とさせるそのなかに佇む牛頭天王の霊魂は、両の掌の中に凝縮する気に 、人間界の模様を見定めようとするがごとくである。。。。