戌/2006

2006年新年用いぬの衣装

撮影: 奈良県吉野郡川上村

  この写真から今年の干支を想像するのはかなり難しいかもしれない。正体は「花咲か爺さん」の愛犬シロの精である。隣の欲ふかじいさんに殺されたシロは焼かれて灰になってからも、可愛がってもらった爺さんへの恩返しを忘れず、枯れ木に満開の花を咲かせるのである。 犬は約1万年まえから家畜化され、人と共生してきた最も古い仲間である。「いぬ」は「いぬる(去ぬる)」に通じ、魔除けの象徴であった。赤ちゃんの額に戌の字を書いたり、子どものお守りに張り子の犬を飾ったりするのには、そのようないわれがある。

十二支順で並ぶ申(猿)、酉(鳥)、戌(犬)は桃太郎の家来である。桃太郎について退治しにいった鬼がでてくるという丑寅の方位が、十二支表上においてほぼ向き合う形になっているのは偶然の成せるわざだろうか?