辰/2000

2000年新年用りゅうの衣装

撮影: 三重県名張市赤目四十八滝琵琶滝

鯉が滝を昇ると竜になるという。韓国や日本の他地方では鮭であることもあるという。この撮影はその鯉の滝登りのイメージから行ったものであるが、背景が琵琶に似ていることから琵琶滝と名付けられた滝であることも、仏法の守護をする竜にふさわしいものであるとの意識の上である。

竜は雨、雲を司る想像上の動物である。想像の動物には仲間が結構いる。麒麟、玄武、鳳凰など、仏教においてありがたい聖獣はかなりの割合で想像の生き物である。龍はその中でもダントツの人気者である。しかし、いくら人気者とはいえ、干支争奪戦において十二しかない椅子はただでさえ競争率が高いのに、想像上の動物がまでエントリーされては、ゴマンといる自然の動物たちはさぞ怒ったにちがいない。しかし、この竜という動物恐るべし。目は鬼、耳は牛、角は鹿、頭はラクダ、うなじは蛇、腹はミヅチ(想像上の大蛇)、背は魚、手のひらは虎、爪は鷹という、9動物の超合体生物である。いかに竜という生物が孟きものであるかはこれら動物の箇所箇所から想像するしかないのだが、その中にさえ鬼、ミヅチという想像の生物が含まれていてはどう想像すればよいのだろうか。到底想像などの追いつかない生命であるということであろうか。

海千山千という言葉がある。抜け目のない老獪な人物を指す。海に住む蛇が千年修行を積んでミヅチ(ウロコ、四肢のある蛇、角なし)になり、ミズチが山でさらに千年修行を積むと竜になることが語源であるという。海、山でともに千年、あわせて二千年。奇しくも西暦二千年は辰年である。 そして2001年は再生のシンボルである巳年から始まる。偶然というには鳥肌の立つような一致である。

龍は西洋ではドラゴンである。多神教の仏教では仏法の守護神である竜も一神教のキリスト教においては神に背いた悪魔の化身で退治されるべき存在である。竜の訳はドラゴン、鬼の訳はデーモン、神の訳はゴッドでいいのだろうか。。。ニュアンスの違いに疑問を持つこのごろである。