午/2002

2002年新年用うまの衣装

撮影: 熊本県阿蘇山麓

馬といえば一番に思い出すのが小学校の国語の教科書にでてきた三好達治の「大阿蘇」という詩である。大阿蘇を背景に「雨がしょうしょうと降っている」と音楽のように繰り返されるフレーズと、その雨に濡れそぼりながら草を食む馬の姿のイメージが今でも鮮明である。 どちらかといえば馬は競馬でもおなじみなように、颯爽と走る姿の方が断然恰好がいい。草原をはしる野生馬もまた然り。しかし私の中の馬は多少の雨が降っていても黙々と命の糧を食み続ける姿なのである。

小学校時代の記憶はその後人生のすべての基盤を成すといっても過言ではないと思う。同じく、小学校時代に読んだ斉藤隆介著の「天の赤馬」が記憶に残っている。東北の隠し銀山を舞台にした百姓一揆の物語だが、その銀山の炉のが山に映し出す炎の陰が天に向かっていななく馬のように 見えるという光景は、滝平次郎の影絵の迫力とともに刻みついて離れない。

この二つの記憶がこの馬の作品となった。馬は干支では午であり、方位は南、色は朱、季節は夏で時刻は正午を司る。エネルギーそのものの象徴である。