申/2004

2004年新年用さるの衣装 

撮影: 和歌山県葛城郡

類人猿という言葉もあるほど、猿と人間は関係が深い。日光東照宮の三猿に代表されるように猿の行動様式は他の動物に比べて人間に相当近いように位置づけされている。迷信深いところでは猿は「去る」に通じるということから「勝る、優る(まさる)」につうじる「ましら」と呼ばれることもある。 猿はまた馬の病気を治す守護神であるとされ、昔は正月の門付に猿回しが厄を祓って歩く光景がよくみられたとか。

猿の物語といえば桃太郎かさるかに合戦。魅力のあるのは悪役にされているさるかに合戦の猿である。柿を独り占めして、カニの登って来れない木の上で不敵に笑みを浮かべる悪ザル。。。。化粧も迫力のある京劇タッチでバランスがちょうどいい。