卯/1999

1999年新年用うさぎの衣装

撮影: 鳥取県白兎海岸

写真をとる段階において、波頭の白と白兎の白が重なってちょうど波の上を飛んでいくウサギのイメージとしていいな、と思う程度であったのだが。。。昔話、おそるべし。 「稲羽の白兎」は出雲神話の代表的なお話である。対岸の島に渡ろうとしたウサギが計略を用いてワニ(古代日本においてはフカの意)をだまし、おこったワニに毛をむしられて赤?けになって泣いていたところを、通りかかった大国主命に助けられるというものである。桃太郎、一寸法師には及ばなくても、昔話の中では親しまれているなかの一つであると思う。 単純に見えるこのお話の裏には、大和王朝と出雲王朝の確執だとか、ウサギとワニに象徴される部族の抗争だとか、探っていけばいくほどどろどろとした面白い謎にはまっていくのだが、それはまた別の機会として。。。

この白兎のお話を探っていく中で最も興味深かったのは、このウサギが白兎であるということであった。 このお話に出て来るウサギというのは越後兎という種らしい。日本在来の野兎で、秋田から日本海沿いに鳥取、島根まで分布しており、普段は茶褐色だが冬になると保護色のために白く毛が生え変わるという。耳の上に黒い斑点があるのが特徴で、高山寺の鳥獣戯画の兎もしっかりとこの斑点が描かれていることから、越後兎がモデルであるといわれている。 いわゆる白兎は江戸〜明治に愛玩、また食肉用として輸入されたものだという。 ゆえに。稲羽の兎が白兎だったということは、この物語は晩秋から冬にかけての季節の物語であるということなのである。撮影したのもちょうど冬さなかの12月、海風の吹きすさぶ中でであった。

そしてまたこのお話で白兎は大国主命に教えられてガマの穂綿にくるまって回復しているのだが、そもそもガマには止血の効果があるということである。決してガマの穂綿が兎の毛に似ているという単純な視覚的イメージで引用されている訳ではなく、このガマの下りは外科医療初の文献だそうである。 稲羽の白兎とは視覚と実用を伴う相当に奥の深い話であると実感した年であった。