子/2008

2008年新年用ねずみの衣装

撮影: 京町家

子という字は了(おわる)に一(はじまり)。ゆえに子は十二支の第一席に位置しているという。ネズミは約一万年前から人類の住居近くで生活している、といっても犬のように共生するのではなく、ネズミの語源が不寝見、寝盗みと言われているように、 歓迎されざる存在であったようである。ネズミ族の先祖はパラシスという60センチ位の大型哺乳動物で、進化するに従って小型化して行ったようであるが、進化することによって小型化したのはネズミ族だけらしい。同時代に大型化していった動物、最たるものは恐竜であるが、 顕著に巨大化したものは次々に絶滅した。そのなかでネズミ族は現在世界に800種、日本に20種という繁栄ぶり。ねずみ算といわれるごとく、繁殖力も旺盛である。例えば2匹のネズミが一月に12匹生むと一年後には277億匹になるそうで。。。 どのような環境にも対応し、人類絶滅後の地球征服者はおそらく彼らであろうとも言われる由縁である。 ネズミはまるっきり悪者なのか?ネズミの仲間にはリス、カピバラのように好意を持って受け入れられるものもいるが、ビーバー、ヤマアラシのように迷惑がられている仲間もいるのも多いようである。 根住の国(=地下の国)=根の国=黄泉の国と、ネズミにはやはりいい印象は与えられていないようである。一つえ名誉回復をするとすれば、「おむすびころりん」においては爺さまに宝物をプレゼントしていたかな。。。

そのようなネズミの天敵は猫である。なぜネズミの天敵は猫なのか。十二支選抜にあたり、猫はネズミのせいで出遅れたからだと昔話は伝えている。 写真の構図では、チーズを狙ったネズミを猫が狙っているという情景をシルエットまじりに表現してみた。