未/2003

2003年新年用ひつじの衣装

撮影: 鳥取県鳥取砂丘

 ハタと困った。和のイメージで考える限り、未の出番がない。 わずかに「羊頭狗肉」という四字熟語が浮かぶくらいで、どの時代のどの風景にもいわゆるヒツジは見当たらない。調べてみるとやはり日本にはいわゆる草原にいるような未は生息していなかったらしい。 6世紀頃に新羅から送られたこともあったようだが、仏教の影響もあり、また羊毛を必要とするほど気候が寒くなかったということで、結局根付かなかったらしい。ただ江戸時代には大島、長崎、薩摩などでわずかに牧産されていたようである。 日本には高地に羚羊がいた。これは山羊ににているが山羊ではなく羊の仲間である。角は薬、つりばり、または雷よけなどのおまじないに使われたらしい。

私の羊のイメージは、サフォーク種と呼ばれる頭と足が黒くて体は真っ白の羊。 白といえば雪。白の世界に広がる青い空。