巳/2001

2001年新年用へびの衣装

撮影: 福井県越前海岸

蛇は死と再生のシンボルであった。脱皮を繰り返すその姿は人々に神秘の念さえ起こさせただろう。 その神秘性をメインに蛇の衣装を考えた。神秘というとなぜか洞窟が浮かんだ。意識が和による影響もあるだろうが、アマテラス神の登場する天の岩戸の物語が頭に浮かんだのである。アマテラス神が隠ってしまった洞窟は全くの闇であった。 アマテラスを内在する、その闇を守る神秘の象徴の蛇。。。 蛇と言えばしめ縄。。。神社との結界。。。しめ縄は本来睦あう2匹の蛇の象徴である。。。などのイメージが構想としてまとまったのである。蛇をあえて白蛇にしたのは神秘性を強調したかったからである。偶然であるが、午年の撮影に行った宮崎県串間市都井岬に白蛇神社があった。生きた白蛇様と抜け殻が飾ってあった。アルビノというのはどの種にも限らず貴重なのだ。午年の撮影は巳年中のできごとだったので、偶然葉書を持っていたこともあり、こっそりとお供えしてきた。

日本の神道において、蛇は外すことのできない、むしろ大前提の存在である。古代、大和政権の中核をなすの大神神社に奉られるの大巳貴神(オオナムチノカミ)は蛇神であった。中国の神話の最初の皇帝である伏義とその妃である女禍は人面蛇身であり、またこの二人はイザナギ、イザナミのモデルになっているとも言われている。イザナギ、イザナミに蛇を関係づける話よりも、現代の日本人にとっては聖書の創世記のアダムとイブの話でイブを誘惑する蛇の方が身近かもしれない。しかし、洋の東西を問わず、蛇が人類と最初に接触する生き物として登場することは興味深い。

風水に「四神相応」がある。都を定めるときの指標となる考えの一つで、四神とは東西南北を守護する霊獣、青龍、白虎、朱雀、玄武を指す。この玄武のいうのが死と再生の象徴である蛇と、「鶴は千年、亀は万年」というように、長寿の象徴である亀との合体生物=霊獣なのである。 玄武は方角的には北を司る。北方を司るといえば、天空に浮かぶ北斗七星である。この星座もまた北天の守護神としての歴史を持つ。この北斗七星を形作る柄杓の受けの部分と柄の部分がそれぞれ亀と蛇を象っているという。北は四季でいえば冬にあたり、すべての終わりであり、始まりである象徴である。その2つの意味からも亀と蛇という2者で表しているのだとか。。。。昔の人は出来すぎている。。。。