寅/1998

    
1998年新年用とらの衣装

撮影: 京都府長岡京市

虎が描かれている物には竹が背景になっている物が多い。かの一休さんが足利将軍と問答をした屏風にも竹林の中からギロリとした目で威嚇する虎の挿絵が描かれていたのを記憶している。竹と虎の組み合わせは自然に思い浮かぶ光景であった。 だがしかし。「竹林の中で虎は何を食べているんだろう?」ふと疑問がよぎった。 撮影をした後のことである。 まさかパンダのように竹を食べるのではないだろう。虎はどう考えても肉食動物である。竹林の中で虎の獲物になりそうな動物がいるのだろうか?竹といえば日本的に思いつく動物は、雀くらいなものである。雀では虎はおなかがいっぱいにはならないだろう。テレビで見る自然の虎は自分の体格とほぼ互角の草食動物に飛びかかり食らいついているではないか。 虎は日本には生息しない。7世紀末、天武天皇の治世において、新羅のからの献上物としてはじめてその毛皮が日本にお目見えする。本物の虎が上陸したのは9世紀末、猫好きの宇多天皇に新羅から送られた虎の子2匹である。ライオンの棲息しないアジア大陸において、虎こそは百獣の王であった。颯爽と走る姿は風の象徴とされ、ゆえに同じく風の象徴とされる竹と組み合わされて視覚的なモチーフとされたのだという。勇猛な姿は武家にも好まれ、雲を呼ぶ竜とともに屏風絵や襖絵などに多用された。 余談であるが、現存する屏風等における虎の描写について、作者が本物の虎を実際にみたことがあるかどうかの見分け方。。。。虎はネコ科である。猫の瞳孔は基本的に縦線のように細長いアーモンド型で、光の加減によって丸くなったりする。昔の人は「猫の目時計」などといって結構重宝したらしい。忍術の本にも猫の瞳孔の大きさによる時間の見分け方のノウハウが書かれている。しかし、猫族とはいいながら、虎の目は常にまん丸であるらしい。だから、もし縦型瞳孔の虎が描かれていたとすれば、それは猫のイメージを巨大化して描かれたものなのである。 ちなみに節分の鬼に代表される鬼たちは、ほぼ皆虎柄のパンツをはいている。鬼という民俗的な想像の生き物は鬼門の方角、つまり北東からやってくるといい、これは丑寅の方位にあたる。丑寅の方角から来る化け物だから、ウシの角とトラのパンツをはいているのだそうだ。